スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダイバージェント

●基本情報

題 : 邦題「ダイバージェント」 原題 「Divergent」

監督 :  ニール・バーガー ←本作が5本目の映画。まだ駆け出し?

原作 :   ヴェロニカ・ロス
       『ダイバージェント 異端者』

制作総指揮 : ジョエル・C・ケリー
          レイチェル・シェーン

主な出演者 :  シャイリーン・ウッドリー (きっとほしのせいじゃない 2014)
           テオ・ジェームズ  ←英国紳士とは彼の事。とっかで観たことあると思ったけど、、、
           アンセル・エルゴート
           アシュレイ・ジャッド
           ジェイ・コートニー
           レイ・スティーブンソン
           ゾーイ・クラヴィッツ
           マイルズ・テラー
           トニー・ゴールドウィン
           マギー・Q
           ケイト・ウィンスレット

音楽 : ジャンキーXL
      ハンス・ジマー


配給 :  サミット・エンターテインメント
       ライオンズゲート
       KADOKAWA

公開 : アメリカ 2014/3/21
日本   2014/7/11

上映時間 : 139分

制作国 : アメリカ合衆国



原作「ダイバージェント・シリーズ」第一作目。次回作「インサージェント」も決まっている。

が、しかし、、、一作目がこれじゃこの先は期待ゼロというのが印象。。。

○原作、脚本 
原作は2100万部を売り上げているという有名なシリーズ(らしい)。きっと分厚い本が何冊かあるに違いない。

ひとつの性格診断で未来が決定し、適材適所のように5つの共同体いずれかに所属し混沌を回避し平和を守る。

うん。どっかで聞いたライトノベル感満載だ。

SFにはありがちな優生思想を描いたものだが、2時間ちょっとの映画ではやはり伝えきれない感がありあり。

監督も原作を2時間にまとめるのは難しいと言っていたが、それを克服できてない。

ラストも容易に予想ができるし、パッとせず、パンチがない。申し訳程度に次回作へと繋げる台詞があったが

次を見たくなるような高揚感もまるでない(笑)

良いところをあげるとするならば、ある一つの共同体に焦点をしぼり、その生き様や考えが深く理解できるよう

な内容になっていること。できるならばその調子で5つ全て見られればもっと話に入り込めたのかもしれない。
(ただ飽きないで見られるかどうかはわからない。。。)

○演技・演出 
主演?のシェイリーン・ウッドリーとテオ・ジェームズは悪くない。二人とも素晴らしい演技だった。悪いのは脚本ry

戦闘シーンが多かったがスタントマン無しでやっていそう。テオはもちろん、シェイリーンも力強い演技。

そして今回注目なのがケイト・ウィンスレット

そう。タイタニックのローズ。(もはや別人だが)

彼女の俳優人生において今回が初の「悪役」なんだそう。

しかし、そんな素振りを見せることなく、嫌々しい独裁者を演じていた。

また、SFならではのあっと驚くガジェットは登場しなかったものの、夢の中でのリアルさを演出する努力が伝わってきた。
SFアクション「ダイバージェント」監督、映像化へのこだわりを明かす 映画.COM

○音楽
まるで頭にのこっていない(笑)


総評、、、
SF好きとしては期待していたばかりに、日本のライトノベルにも劣る脚本で残念。

きっと原作は素晴らしいのだろうけど。。。


○saku's point
脚本 1.9
演出 3.5
音楽 1.5

結果 2.3/5.0 

引用・参考 wikipedia





スポンサーサイト
[ 2015/03/28 21:00 ] 2014年公開 | TB(0) | CM(0)

レ・ミゼラブル

●基本情報

題 : 邦題「レ・ミゼラブル」 原題 「Les Miserables」

監督 :  トム・フーパー (英国王のスピーチ2010 が大ヒット!)

原作 :  小説
       ヴィクトル・ユゴー
       ミュージカル
       アラン・ブーブリル
       クロード・ミシェル・シェーンベルク

制作総指揮 : ライザ・チェイシン
          アンジェラ・モリソン
          ニコラス・アロット
          リチャード・パパス

主な出演者 :  ヒュー・ジャックマン
           ラッセル・クロウ
           アン・ハサウェイ
           アマンダ・サイフリッド
           エディ・レッドメイン
           ヘレナ・ボナム=カーター
           サシャ・バロン・コーエン

音楽 : クロード・ミシェル・シェーンベルク


配給 : ユニバーサル・ピクチャーズ 
      東宝東和

公開 : イギリス 2012/12/7
     日本   201/12/21

上映時間 : 158分

制作国 : イギリス


こちらもまた、今更ながらの名作中の名作。 期待感マックスで挑む。

○ミュージカル映画
ミュージカル映画を見るのは初めてかもしれない。
(今必死に脳内検索してるけどひっかからないのか、見てないのかわからない)

普段から嫌いではないので、最初からすんなり見られる。

いやしかし、ほとんど歌ってるじゃないか!! キャスト勢はどれだけ練習したんだ!!どれだけ撮影したんだ!!

と思わせる程の上手さ。ただやはり見ていて慣れるのか、後半はあまりその点に感心しなくなってしまう。。。

普段のセリフと演技ももちろんいいけども、メロディが加わることでより伝え方に膨らみが出るのも感じる。


○気迫と覚悟
演技に歌をという点では先にも述べたが、なによりもこの作品にかける思いである。

自分はそんなに詳しくないけれども、誰もが知る名作に挑むプレッシャーは想像を絶するものであるし

並みならぬ覚悟で臨んだに違いない。実際にその気持ちが入ったエピソードが以下にもある。

アン・ハサウェイ、1年を振り返り「世界の頂上に君臨している気分」

愛妻に励まされ、ジャン・バルジャン役の重責を全うしたヒュー・ジャックマン

○演技
主演のヒュー・ジャックマンは毎回思うが目力、眼力、眼光が素晴らしい。演技とは思えないほどの情と色が伝わってくる。

更にアン・ハサウェイの娼婦時代や死に瀕する様は、いつもの品が際立つ人柄からは想像できない変貌ぶり。

体づくりも手を抜かなかったそうだが、少々やりすぎなのではとも思えるほど。心動いた。

そして今回一番目を引いたのがテナルディエ一家のエポニーヌ役「サマンサ・バークス」

それまで知らなかったが、緩急あり、訴えかけるような歌声はベテランの様。

恋にやぶれ一人雨の中かなしく歌い歩くシーンが素晴らしかった。

このエポニーヌ役には当初あのテイラー・スウィフトが決まっていたというのだから驚き!!

それを押さえての抜擢。うん。抜擢されただけある。。

残念だったのは、ラッセル・クロウ。ジャベールはもっと冷徹で慇懃なイメージがあったため

彼のイケメンな柔らかい表情が少しミスマッチに思えた。


○歌
ファンティーヌの「I Dreamed A Dream」は名曲だが、その名曲に負けじ劣らずとアン・ハサウェイが歌いきっていたことに感動した。

娼婦の自分に打ちひしがれている様子をノーカットで、独り叫び声をあげるようにむせび歌う。。。

そして個人的にメロディーが気に入っているのが「Master Of The House」

金づるの盗みしか脳の無い夫婦が謳歌するシーン的にはあまり好きではないけど、、、メロディーは。



総じて、、、 やはり名作を映画化というだけあって、相当な熱意と覚悟で創られたということがわかる。

しかし、、、脚本的には変わり映えのないもので、158分飽きずに見られたかというとそうでもない。

もちろん演技や歌は素晴らしかったが、その全てではない。期待が大きかっただけに期待外れな感じ。

○saku's point
脚本 3.6
演出 4.7
音楽 3.8

結果 4.0/5 

引用・参考 wikipedia




[ 2015/03/21 21:00 ] 2012年公開 | TB(0) | CM(0)

ゼロ・グラビティ

●基本情報

題 邦題「ゼロ・グラビティ」 原題 「Gravity」

監督 アルフォンソ・キュアロン (ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 2004)

脚本 アルフォンソ・キュアロン
    ホナス・キュアロン (アルフォンソの息子!?親子でってまじか!)

制作 アルフォンソ・キュアロン
    デヴィッド・ハイマン (ハリポタ8シリーズを手掛けた) ←さてはアズカバンの囚人で仲良くなったな

制作総指揮 スティーヴン・ジョーンズ 

主な出演者 サンドラ・ブロック (映画プロデューサーでもある)
        ジョージ・クルーニー ←ジョージクルーニイズインサイド!!!
        ←本当に主な出演者はこれだけだった。。。

音楽 スティーブン・プライス
    ←今作でも数々の賞を受賞してたけど、いまいち耳に残っていない


配給 ワーナー・ブラザーズ (創始者は四兄弟)

公開 イタリア 2013/8/28
     日本   2013/12/13

上映時間 91分 ←1分間はなにがあったのか

制作国 アメリカ合衆国
     イギリス


い。今更ながら、鑑賞。

日本国内での話題性と、なんといってもアカデミー賞やゴールデングローブ賞など数々の賞を総なめの傑作!

と謳われてたので見たい気持ちはあった。

飛行機に乗ってる途中でちらっと見てたけど、ゆっくり集中できなかったので改めて。

○あっというま
そもそも91分間と短い映画であるが、それ以上に短い時間であるように感じた。

手を離したら宇宙をあてどなく彷徨うことにことになるんではないだろうかという不安絶望虚無寂寥、、、

様々な感情が息つく暇なく波のように押し寄せる。ドキドキしながら見てたらいつの間にか終わってたという感じ。


○たった2人の登場人物
サンドラの演技はとても素晴らしい。無重力の中、方向感覚が麻痺しながら放り出された時の絶望も相まって錯乱する姿。

もうだめだと悟り静かに眠りに着く表情。緊迫した状況は彼女の表情から一番伝わってきていた。

しかし、役的に宇宙飛行士とは思えないほどの精神のやられぶり。もともと研究職?で慣れていないからなのか、

彼女の精神状態をも凌駕する事態だということを示しているのか、、、、

そしてそこへ更に良い味を出しているのがジョージ・クルーニー。彼は彼女とは違って、どんなアクシデントが起きても

「アクシデント?そんなのわかりきっていたさっ! とにかくこのサンドイッチでも食べよう。ここのピクルスは最高なnd」

とでも言わんばかりの冷静さと気さくさを保つ。まさに想像通りの宇宙飛行士。今回はチョイ役だけど素晴らしい演技。


○映像美
はい。なんといってもこの映画の真髄はここにある。創りもとは思えない程の美しい宇宙、そして地球。

やはり大画面の映画館で観るべきだったと今更後悔。←さすがに目が回りそうだけど。。。

きっと本当に宇宙遊泳している気分になれるに違いない。


しかし、納得いかないのが「邦題」だ。

なぜ ゼロ をくっつけたのか。

宇宙での無重力を題材にしたからこそ、地球での「重力」について考える

ということがきっと言いたかったのだろうけど、そこで「無重力」だなんて題にされたら  

メタファーなの?なんなの?ってのが直感。

邦題をつけた意味を知りたい。


○saku's point
脚本 3
演出 4
音楽 2

結果 3 

ですかな。

※参考・引用 wikipedia

ゼロ・グラビティ [DVD]ゼロ・グラビティ [DVD]
(2014/12/03)
サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー 他

商品詳細を見る


ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]
(2014/04/23)
サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー 他

商品詳細を見る
[ 2015/03/14 17:09 ] 2013年公開 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。